ピーマンの茎が黒い。病気?ピーマン栽培で起こる病気を調べた

2015-06-21 11.41.34

家庭菜園でピーマン栽培をしているすべての人たち、こんにちは。

きんた(@farmkinta)です。

初めての家庭菜園はししとうで、現在はピーマン栽培を楽しんでいます。

ピーマン栽培をしていると、茎元が黒くなることがあり、当時色々調べた記憶があります。

今回は、ピーマンの葉の付け根、―茎の部分― が黒くなる原因を調べてみました。

ピーマンの茎元が黒いのは病気なのか?

ピーマンの茎が黒くなる病気はあります。

病気の名前で言えば、疫病や萎凋病と言われていますが、そのほかにもピーマン栽培で発生する大変な病気は多いです。

もし、ピーマン栽培をしている、もしくはこれからする予定があれば以下の記事もお勧めです。

スポンサーリンク

実は茎が黒いのは病気ではない

やはり多くの人がピーマンの茎元、葉元が黒くなるのは病気なのでは…

と思うんですね。

実際私もそうでしたし。

しかし、ピーマンの場合は茎元が黒くなるのは正常で、ピーマンの特性です。

よって病気でもないので問題ありません

スポンサーリンク

まとめ

今回はピーマン栽培時に初心者なら必ず心配になる、

茎元、葉元が黒くなのるのは病気なのか?

というテーマで記事を書いてみました。

結論から言えば病気ではないのですが、家庭菜園を始めたばかりだと色々なことが心配になるんですよね。

その不安、心配が勉強になることは間違いありません。

これからも多くの疑問を調べ、家庭菜園を多くの人に楽しんでもらえたら幸いです。