葉っぱに黄色の斑点。葉が枯れる –早期対策が必要なので無農薬での対策を紹介

スポンサーリンク

葉っぱに黄色の斑点。葉が枯れる。

2015-07-18 07.27.55

写真、葉っぱ中央に付近に黄色で小さい斑点が出来ています。
皆さんが栽培している葉っぱにもありませんか?

この黄色の斑点を見つけたら早急に対策する必要があります。

黄色の斑点はベト病の合図

この黄色の斑点はベト病と言われている病気です。

べと病(べとびょう)は露菌病とも言い、卵菌(ミズカビと呼ばれる水生のものが多く知られ、またかつては藻菌類に分類されていた)のうちPeronosporaceae科に属する菌による病害に対して名づけられる植物病害で、ブドウや野菜で特に重要な病害である。湿度が高い時(特に梅雨時など)に蔓延しやすく、このような時期にはべとついた感じになるので「べと」と呼ばれるが、一般には葉などに褐色の斑点が現れて広がり、進行すると表面に分生胞子を形成するため羽毛状を呈する

このベト病。症状が出始めたのに放っておくと葉が枯れる恐れがあります。

FARMきんたでは最初ベト病を知らず、葉っぱが黄色になり枯れていく症状に何度が出くわしました。

なぜ葉っぱが枯れるのか?そう疑問に思っていた矢先、ベト病ということを知り対策をしました。

ベト病の発生条件

べと病の発生時期を調べると4月~9月頃。
気温が20℃前後で多湿という条件が揃うとベト病に発症する隔離は上がります。
特に梅雨時期、秋雨時期に多い病気です。

2015-07-12 17.50.36

このベト病は風通しが悪い土の水はけが悪いが最大の原因です。

株元に葉が生い茂り、光が届かないということがない様に気を付けましょう。

症状が酷くになる前の対策方法

べと病は放っておくと葉を侵食し、ついには葉が枯れてしまいます。
そうなる前にしっかり対策をすることが大切です。

べと病初期でしたら対策が可能です。

以下べと病に掛ってしまった時の対策方法をまとめます。
ちなみにFRAMきんたは農薬を使わないで栽培しております。

ここでは無農薬で出来る対策を紹介します。

べと病にかかった葉を切り取る
症状が軽い、または黄色の斑点が小さい場合は「ベト病にかかった葉を切り取りましょう」
べと病の原因は菌が風に乗って、水分を含んだ所に付着することで発症する病気です。
べと病の症状がでた葉を摘み取り、他の葉に移る前に処理をします。
この時に、摘み取った葉は必ず、畑の外で処理をしましょう

酢を希釈し、葉に噴きかける
市販の酢を30倍~50倍に水で薄めます。
芽の出始めたでしたら、予防効果もあります。2週間に一度位の頻度で良いので噴きかけましょう。
※匂いがきついので周りへの配慮が大切になります。

水はけを良くした土壌を使用する
べと病の原因は水はけに寄るところが大きいです。
水はけを高めた土を使い、風通しのいい場所で栽培しましょう。

この他にもべと病の対策農薬もあります

上記方法の他にも市販されている農薬もあります。
FARMきんたは無農薬で栽培しています。
自分で食べる物は、作るものは安全で安心した物が良い!そう思っています。

それでも、気になる人はサンボールドというのが効くらしいです。

無農薬にこだわらない!という人は使ってみては如何でしょうか?

天然成分と謳っていますが、薬剤であることには変わりませんので注意が必要です。

 チェックボックスアイコン家庭菜園のトラブル、お勧め人気記事

無農薬栽培で酢・木酢液が最強の理由 土壌酸性度(pH)も解説

なぜ?葉っぱが黄色くなって枯れる問題。家庭菜園のトラブル

【虫食い対策】葉っぱが虫に食べられるに前に!病気との見分け方も紹介