無農薬栽培では酢が最強の予防液なのは言うまでもあるまい

無農薬栽培時、気を付けることは
病気と虫の被害だと思います。

葉っぱが虫に食べられた
病気にかかってしまった

などなど。頭を悩ますことが多いと思います。
今回は無農薬栽培で活躍するの力を紹介します。

酢は無農薬栽培では最強

2015-09-20 12.05.19

無農薬栽培で最強の予防液は酢だと思っている。
間違いない。

酢で予防できる病気

他にも多くの病気に効果あり。

すごいぜお酢様!無農薬栽培の最強の助っ人であること間違いなし。
うちもお世話になっております。

なによりすごいのは、多くの病気に対して予防効果がある点です。
酢で作った予防液を振りかけることで、作物の予防能力は上がって行きます。

スポンサーリンク

しかも作り方は簡単

しかも、作るのは超簡単!

米酢・穀物酢など色々な種類があると思いますが、穀物酢を愛用しています。
というのも、使ってみて一番効果が出たのが穀物酢でした。

霧吹きする容器に酢を入れて、水で40~50倍で薄めるだけ。
たったこれだけです

そこに、唐辛子を入れたり、にんにくの擦りおろしを入れたり・・
バリエーションも様々

予防したい作物によって、入れる物を変えてみてください。

シェア畑なら自分の畑を小スペースから持てる!



  • プランター栽培からもう少し本格的に畑をやってみたい
  • 週1度でいいから自分の畑をやってみたい
  • 初心者で畑は怖いけどプロのサポートがあれば畑に挑戦してみたい

そんな人に手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】がおすすめ!

栽培のプロが畑を巡回しているので忙しい人でも野菜作りで失敗しません。

1年を通して様々な野菜を育てられ、栽培する品種が自分で決められるので初心者でも安心です。

プロのサポート付き!無料見学にいってみよう!

  • 自分の畑を持ちたい人
  • プランター栽培から卒業したい
  • 初心者で畑に挑戦したいけど毎日行くのは難しい
  • プロに色々聞きながら栽培をしてみたい
  • 子供と一緒に栽培体験をしてみたい

自分の畑を月5000円~で持てて、プロのサポートを受けられる菜園アドバイザーが教えてくれる【シェア畑】

通うことでポイントがもらえて色々な物と交換できるので、通うのが楽しくなります!

\ 詳細はこちら /
手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】

酢の予防液を使用する時の注意点

酢の予防液ですが、使い過ぎには注意が必要です。
使用する頻度は週に1度~2度目安に。
そして、散布する作物にまんべんなく振りかける様にしてください。

きっと効果がでることでしょう!