農業が儲からないなんて嘘。農家は立派に稼ぐことが出来る

世間では農業は「儲かる」「儲からない」という議論がなされています。
こういった議論が行われる背景として、農業従事者数の変化が関係していると思っています。

農林水産省に農業従事者数のグラフが載っているので紹介します。

  平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年
農業就業数

260.6

260.1 251.4 239.0 226.6 209.0
 うち女性 130.0 134.5 128.4 121.1 114.1 100.6
 うち65歳以上 160.5 157.7 151.6 147.8 144.3 132.6
   平均年齢 65.8 65.9 65.8 66.2 66.7 66.3
基幹的農業従事者 205.1 186.2 177.8 174.2 167.9 176.8
 うち女性 90.3 79.8 74.7 72.9 70.1 75.7
 うち65歳以上 125.3 110.1 106.0 106.7 105.6 114.4
 平均年齢 66.1 65.9 66.2 66.5 66.8 67.1

単位:万、歳

「農業就業人口」とは、15歳以上の農家世帯員のうち、調査期日前1年間に農業のみに従事した者又は農業と兼業の双方に従事したが、農業の従事日数の方が多い者をいう。 

「基幹的農業従事者」とは、農業就業人口のうち、ふだんの主な状態が「仕事が主」の者をいう。

メディアで言われているように農業従事者の年齢は65歳以上の人の割合が非常に高いです。
これを危惧した国は補助金やら、新規農業への手厚いサポート体制を充実しているのが現状です。
実際に新規農業に参入する若者の数も増えていますが、新規の場合は非常に経営が難しいでしょう。

一般的に言われている儲かる、儲からないとは

農業は非常に新規参入しづらい分野です。
新参者は農地を購入するのも難しく、ツテを使って農地を探すか、各市町村に問い合わせ農地を借りるしか他ありません。
国が推奨している農業プログラムがあります。

参考:ツテなし・土地なし新規農業参入者が土地を手に入れ、農業を始める方法

新規参入者は確かに、経営手法、売り方を考えなければ一般的に言われている「儲からない」と思いますが、現状農業で食べている人たちは「儲かっていない」のでしょうか。

実家で農業で大学までに行っている人もいますし、農家の財布事情は非農家が思っている寂しい物ではありません。

農業で食べている人もいるし、その人たちはしっかり生計を立てている。

この「儲かる」「儲からない」という言葉は基本的に新規農業者の数が増えてきている
という背景の元、議論がなされいるものでしかありません。

そして、新規農業者はやり方をしっかり工夫すれば、非常に「儲かる」ビジネスです。

農家と言っても経営方法や栽培方法は多様です。
どういった農業が儲かり、どういった農業が儲からないのか。

新規で参入する場合、特にそのあたりを考え、自分がやりたい農業の良い点、悪い点を把握して経営する必要があります。

スポンサーリンク

先輩農家の成功事例

61tLBGtDBBL

実家が農家で現在ホームレスを畑に呼び農業に従事する人を増やしているホームレス農園。
ネットショップ開設や様々な活動をしている。
この人の本は新規で農業に参入するなら読んだ方がいい。オススメ

参考:【農業関連本】ホームレス農園-命をつなぐ「農」を作る!を読んでみた。農業の可能性を感じる一冊!

ホームレス農園: 命をつなぐ「農」を作る! 若き女性起業家の挑戦
小島 希世子
河出書房新社
売り上げランキング: 85,428
島耕作の農業論 (光文社新書)
弘兼 憲史
光文社 (2015-07-16)
売り上げランキング: 5,296