バックシーリングテープは紙製にするべき

backsiler

農作物を売っている人なら使ったことがある、バックシーラー

商品を袋に詰めて、口を封する道具として農家の強い味方である。

この農家の味方であるバックシーラーだが、使う農家は便利でいいのだが、開ける方は大変封を開けづらいのである

皆さんも、一度はテープが取り辛くて、開けるのに苦労したことはないだろうか?

そこで、今回は紙製のバックシーリングテープの紹介をしていこうと思う。

バックシーリングテープは種類がある。

バックシーリングテープといえばニチバンと言われるほど広く普及している。

バックシーリングテープの素材はセロハン、PETフィルムベースが一般的で、

要は雨にも強い素材と言うのをうたっているのだ。

確かに、食べ物なので封をしたところから雨やほこりが入ったら大変である。

しかしそれゆえ、人の手では開けづらく、道具に頼る必要があるのも事実だろう

シェア畑なら自分の畑を小スペースから持てる!



  • プランター栽培からもう少し本格的に畑をやってみたい
  • 週1度でいいから自分の畑をやってみたい
  • 初心者で畑は怖いけどプロのサポートがあれば畑に挑戦してみたい

そんな人に手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】がおすすめ!

栽培のプロが畑を巡回しているので忙しい人でも野菜作りで失敗しません。

1年を通して様々な野菜を育てられ、栽培する品種が自分で決められるので初心者でも安心です。

プロのサポート付き!無料見学にいってみよう!

  • 自分の畑を持ちたい人
  • プランター栽培から卒業したい
  • 初心者で畑に挑戦したいけど毎日行くのは難しい
  • プロに色々聞きながら栽培をしてみたい
  • 子供と一緒に栽培体験をしてみたい

自分の畑を月5000円~で持てて、プロのサポートを受けられる菜園アドバイザーが教えてくれる【シェア畑】

通うことでポイントがもらえて色々な物と交換できるので、通うのが楽しくなります!

\ 詳細はこちら /
手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】

最近は紙ベースのバックシーリングテープが出てきている。

昔から野菜のバックシーリングは開けづらいという話が多かったので最近は紙ベースのテープが市場に出回っている。

まだまだ、セロハンやPETフィルムに比べれば市場は小さいが、これからどんどん普及していくだろう。

だって、開けやすいし。

バックシーラーを持っていない農家の方、ぜひこれを機に購入しましょう。