芽キャベツの花言葉は「快活な愛、小さな幸せ」

DSC_0098

芽キャベツの花が咲くと春の訪れを感じるようになりました。

黄色で可憐な花が一斉に蕾を膨らませる様に、毎年驚かされています。

思えば、芽キャベツを中心に栽培をし始めて早3年が経ちました。

3年前の私は、実家長野にUターン転職をして農業を始めました。そうか、もう長野での生活も3年が経つのかと、この記事を書いている瞬間、驚きました。

人間の一生なんてアッという間に過ぎていくのか

と。

芽キャベツの花言葉は「快活な愛、小さな幸せ」

快活な愛ってなんだろう…。

快活という言葉を調べると、「朗らかで生き生きしている、明るい性格(のさま)」

そして、もう一つ、「小さな幸せ」

芽キャベツの花が教えてくれた快活な愛とは

DSC_0047

快活という言葉を聞くと、どうも活発で元気がある様を思い浮かべてしまう。

どうもこの言葉と芽キャベツの可憐で綺麗な花のイメージとはかけ離れている気がしていた。

3年目の芽キャベツのシーズンを終え、

今になってよくよく考えると、可憐で小さい黄色からは

「小さい黄色が冬の終わりをつげ、これからは新しい春の訪れを告げる」役割を担っていると考えるようになった。

芽キャベツの花言葉は春の到来とマッチすると今では感じている。

スポンサーリンク

冬の終わりに咲く黄色の花

私の好きな作家で星野道夫というカメラマンであり、文章書きがいる。彼はアラスカの大地で写真を撮り続け、文章を書き続けた。

芽キャベツの花を見ていると彼の作品の中の言葉を思いだす。

アラスカの冬は本当に過酷で家から出られない日も続く。

人々は雪解けを待ち、春の到来を今か今かと待ち望んでいる。

冬が終わり、春になると一斉に花が咲き、熊も冬眠から目を覚ます。

人も動物も春になると嬉しくてたまらないんだ。

こういうことが短編の文章に何回も何回も登場していくる。

冬が過酷だからこそ、春が来た時の喜びははかりしれないんではないか。

その春の到来をこの黄色な花が知らせるのである。

冬の間に縮んだ心の緊張をこの黄色花がほぐしてくれる…ように。