水耕栽培用のライトは蛍光灯かLEDか・・ 特徴などを紹介!

75da3b6ef41f07c79126237e1baeec62_s

水耕栽培で重要になってくるライト

皆さんはどんなライトを使用していますか。ライトによって特徴があるので知っている人も再度おさらいしましょう。

水耕栽培に適しているライト

シェア畑なら自分の畑を小スペースから持てる!



  • プランター栽培からもう少し本格的に畑をやってみたい
  • 週1度でいいから自分の畑をやってみたい
  • 初心者で畑は怖いけどプロのサポートがあれば畑に挑戦してみたい

そんな人に手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】がおすすめ!

栽培のプロが畑を巡回しているので忙しい人でも野菜作りで失敗しません。

1年を通して様々な野菜を育てられ、栽培する品種が自分で決められるので初心者でも安心です。

プロのサポート付き!無料見学にいってみよう!

  • 自分の畑を持ちたい人
  • プランター栽培から卒業したい
  • 初心者で畑に挑戦したいけど毎日行くのは難しい
  • プロに色々聞きながら栽培をしてみたい
  • 子供と一緒に栽培体験をしてみたい

自分の畑を月5000円~で持てて、プロのサポートを受けられる菜園アドバイザーが教えてくれる【シェア畑】

通うことでポイントがもらえて色々な物と交換できるので、通うのが楽しくなります!

\ 詳細はこちら /
手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】

蛍光灯

蛍光灯のライトは植物の成長に適しています。

水耕栽培を本職でしている高圧ナトリウムランプなどに比べると電気使用量なども少なく経済的です。

露地栽培に比べると紫外線は必要ないのか?ということに疑問を感じる人が多いですが、紫外線は植物の成長に関係はありません。

光合成をおこなうに当たって、蛍光灯でも電球でも植物は光合成してくれます!

蛍光灯の光は強くないので植物との距離を近づけられ、ライトの光を効率的に充てられるのがいい点。

しかし、開花して実をつける植物は栽培不可なので注意が必要。

LEDライト

蛍光灯に比べると更に電力消費量が少なく、経済的。

蛍光灯のライトに比べると、光が直接下に降りていきます。

オールマイティーに色々な作物が育てられます。

ハーブ、実をつける野菜、なんでもござれ。

スポンサーリンク

水耕栽培工場での現状

水耕栽培がおこなわれている工場、特に葉物の植物は光の強さが求められません。

そのため、蛍光灯や赤、青、白3色のLEDライトを使うのが一般的です。

これが実をつける野菜だと状況が違います。

個人の家でひっそりやるなら

卓上ライトで十分です。

卓上ライトの下に小さなプランターをおいて育てる位なら全然問題ありません。

作業机のライトの下にコップでこじんまり育てている水耕栽培は卓上ライトをお勧めします。