カレールー、まずかったランキング。美味しくないルウは消えていく運命なのか

こんにちはきんた(@farmkinta)です。

いきなりですが、皆さんカレーを作るときは市販のカレールーを使いますよね。

通な人はスパイスから調合する人もいるとは思いますが、だいたいの家庭では市販のカレールーを使っているはず。

好みによって好きなカレールーが変わってきますが、

大変美味しくないカレールーに出会ってしまいました!

新発売のルーの散々たる結果と言ったら。。。。

ということで今回は、私が食べてショックだったカレールーを紹介していきます。

エスビー食品 ハピファミカレー

hapifami

エスビー食品のハピファミカレー。

ひどいの一言でした。正直、エスビー食品さん、大好きです。

大好きだから、言わせてほしい!

「ハピファミを何故、世に出した!!!!!」

発売当時、大体的なCM戦力を打ち出し、奇抜で面白く、そして買ってみようと思う広告戦略は功を奏したはず。。。。

しかし、買ったほとんどの世帯は、「なんじゃ、このカレー。全然美味しくない」って思っただろう。

スパイスが弱く、カレー良く夕の香りもしない。その割にはしょっぱいといった感じだったのを今でも覚えている。本当に鮮明に覚えている。

そして、ハピファミはスーパーから姿を消しました。

当時のハピファミカレー↓

2017年現在はほとんどの小売店で姿を確認することは難しいので、気になる方は買ってほしい。

しかし、美味しくないから注意。

アマゾンで調べてみたけど、売ってなかった。。。

エスビー食品さんの公式HPには詳細ページは生きています。

ハピファミページ

スポンサーリンク

グリコ ZEPPIN

次に衝撃的だったのはグリコのZEPPIN

公式ホームページはこちらから

商品名に自らZEPPINと付けてしまうところで、あ、、、って感じなのだが。

というのも、自ら「美味しいカレーですよ」ってハードルを上げていき、実際に食べるとそうでもないということがほとんど。

そういうのって消費者って気にしていると思うんだよね。

「どれだけ美味しいのかな?」って期待すると思うんだよ。

スポンサーリンク

ZEPPIN 渡辺裕之・原日出子「夫婦の間に」篇 60秒 グリコCM

上がZEPPINのCM。

ファミリー層を意識したcmでカレーを作る映像が入る。なんとも幸せそうなCMではありませんか!

「食を楽しむ夫婦の幸せの時間に」

cmでいいフレーズだったからこそ、この味には納得いかない!

ルーの中心に濃厚ペーストが入っているのだが、このペーストが苦さを引き立たせている。

この苦さが苦手という人が結構多い。

大人のカレーを目指して商品開発を進めたとは思うが、行き過ぎだった気がする。

味もそうだが、一番の決め手は価格

この絶品カレーは175gで\334もするのだ。

いやいやいやこれだけの金額を出して買って、この味。それならこくまろとか買うわ!って意見がものすごく多い。

ネットで絶品 カレー おいしくないって検索するとこの情報がわんさか出てくる。

グリコ カレーZEPPIN スパイス薫る辛口 175g
江崎グリコ
売り上げランキング: 100,177

正直。。。。うちはもう買わないな。。。

まとめ

今回は2種類のあまりにもショックだったカレールーを紹介しました。

エスビー食品さんもグリコさんもいいカレーを日夜作ってくれているのは重々承知なのだが、この2種類はかなりショックでした。

興味ある人は是非食べてみてください。

あ、ハピファミはあまり姿を見ないので、、、、探すのが大変かも。。