インドで食べたインドカレーの写真を貼るよ!インド人が日常的に食べるインドカレーを紹介!

日本人が日常的に食べるカレーは独自の路線で進化してきました。

カレー発祥の地、インドで食べられているカレーとは全く違う食べ物として進化してきた日本カレーはインド人が食べているカレーとは違う料理なのです。

ではインド人が食べているインドカレーとは一体どんな食べ物なのでしょうか?

インドカレーと日本カレーの違いとは?

curry

日本人が食べるカレーはカレー+ライスという形で食べるのが一般的です。カレーのルウを使いドロドロに煮込まれたカレーが日本人が考えるカレーだと思います。

しかし、インドではこういったカレーは基本的にあまり食べられません。

インドカレーには実はこれがインドカレーという物が存在しません。

というのも、インド料理は全てに香辛料が使われ日本人からしたら全てがカレーに思えていまうからです。

そのことについて過去記事に詳しく書かれています。

インドカレーにはルウが存在しなく、香辛料を使い炒める、煮るという料理法を使います。インド人は全ての料理に香辛料使い、インドカレーという概念は存在しません。

スポンサーリンク

インドで食べたインドカレーを紹介!写真付き

DSC01157

インドで食べたカレー
野菜を香辛料で炒め、水で煮込んだカレー。肉は入っていない。野菜のみのカレー

DSC00906

コーンポタージュの様な料理。
しかし、味はカレー。トロミがありコンソメ味。しかし日本人にはカレー

DSC01267

米を潰し練った物にツナ、野菜を炒めたカレーを包み揚げた料理。
インド人のお菓子。

DSC00740

南インドで食べたカレー。
海辺で行業で栄えた町なので海鮮カレーが有名。魚介ダシにホウレンソウが入ったカレー。インド人の主食のチャパティで頂く。

DSC01025

右のプレートに見えるのもカレー。
ホウレンソウと玉ねぎ、鶏肉を香辛料で炒めた料理。

中身は香辛料で炒めた野菜やお肉。小麦粉で練った物に包み、揚げる。
インドではかなり有名な料理。

DSC01024

左)オカラとキャベツで炒めたカレー
右)ツナと人参のカレー

我々が食べているインドカレーは別の料理

我々がインド料理屋で食べているインドカレーはインド人が日常的に食べているインドカレーとは別の料理です。

日本人好みに仕上げ、日本人受けする料理にアレンジされています。

本当のインドカレーはインドでしか食べられないのです。

スポンサーリンク