半農半Xという生き方。半農に興味がある人に贈る、半農が魅力的な理由

半農半Xという生き方

PPP_tesagyoudenaewoueru_TP_V

半農半Xに憧れるすべての皆様。
こんにちにはFarmきんたです。

私毎ですが、地元長野にUターンし1年以上が経過しました。
長野に帰ってたら絶対農業をやるんだ!!
って意気込み、本当に農業をやり始めてしまいました。

私が現在やっている農業の活動の記録はこのブログを彷徨えばきっとわかるはず。
少し紹介をするならば、
せっかく農業をやるなら、健康にも自然にも配慮した農業がやりたい!
と思い、無農薬で農業をしています。
初めはプランターで始め、今や自分で畑を耕しています。

日中は良くそこら辺にいる会社員として生活しています。
朝早く起床し、畑に行き作業。仕事が終わると畑に行き、少し作業。

恐らくこの記事を読んでいる人は半農半Xに興味がある人だと思います。
そして、この記事はこれから半農半Xをする人向けの記事であります。

スポンサーリンク

半農半Xはしんどい!?

まずここだと思います。
正直な話をすると自分の生活の半分を農業にするというのは本当に体力を使うということです。
食べ物を作るということはそれだけパワーのいる事です。
自然を相手にするということは、自然の素晴らしさを感動する反面、その恐ろしさを目の当たりにするということです。

考えても見てください。
仮に普通の会社員をしているあなたは、仕事の行く前に畑仕事をしないといけません。
と言うのもを作物は手をかけないといけないのです。

7時に家を出ているとして、畑仕事をするとなったらあなたは何時に起きるのでしょうか
仕事が8時に終わり、家に帰るとして、その後畑に行く体力はありますか?

恐らく、好きだから、嫌いだからで出来るライフスタイルではありません

半農半XのXを何にするかによってライフスタイルはかなり変わってきます。
選ぶ仕事によって半農が出来るかが決まってきます。
あなたにその苦労をしてまでも、半農生活をしたいという気持ちはありますか?

半農のヒント

2015-05-23 14.35.16

しかしそれでも半農生活に興味がある人は、育てる作物を考えてみてください。
手のかかる作物、手のかからない作物などなど。
作物の特性を理解し、規模を大きくしなければ半農ライフスタイルの道は開けます。

また、作物を作った後の販路の確保などもしっかり考える必要があります。
せっかく作る作物です。付加価値を付け自分にしか出来ないアピール方法をするのが得策でしょう。

また取りあえず挑戦してみる。という軽い気持ちが大切です。
上で書いたように、半農半Xの生き方って大変なんですよ。

けど、半農半Xに憧れる~ちょっとやってみたいんだよね~
で本当にやっちゃった。
そういう姿勢が大切です。

物事は実際にやってみると案外楽しくて、うまく行くことが多い。
ひょんなことから、畑を借りられて、仲間まで出来て・・・
なんてことがあるかもしてない。

半農半Xは自分の裁量でいくらでも楽しく出来る

半農半Xの生活って自分のやり方でいくらでも楽しくできます。
こういうブログを多くの人に読んでもらったり、イベントを開いたり。
そんなことだって出来る。

半農なんだから、農業が上手くいかなくとも食っていけるし。

やり方でいくらでも楽しく出来る。
可能性がある半農半Xって生き方に多くの人が挑戦してくれることを祈っています

スポンサーリンク