Uターン転職を考えている人が絶対!気を付ける3つのポイント

Uターン就職の際はご注意を!

uturn

Uターン就職に関心を持つ人は多いと考えています。
かくいう私も、東京で働き、地元長野に戻って来ました。
Uターン就職は気軽に考えていると、失敗することが多くあります。

少しでも多くのUターン就職を考えている人の助けになればと思います。

スポンサーリンク

Uターン就職で気を付ける点

Uターン就職を希望する人は以下の点をしっかり考えてみてください。

スポンサーリンク

1.Uターンする理由を明確にする

Uターン就職をする理由を明確にした方が、Uターンした後に失敗しないケースがあります。

例えば、長男で両親も年だしそろそろ戻った方がいいと考えていたり
田舎出身で都会で就職したものの、都会に馴染めない。
なので、田舎に戻ってゆっくり仕事をしたいなど。

この田舎に戻る理由をしっかり自分の中で落とし込んでUターンを考えた方がいいです。

というのも仮にUターン後に定職先が見つかってもその職場で後悔することがあるからです。
Uターンする意思をしっかり決めることが出来れば、他所の苦難も乗り越えられると思います。

2.Uターンした後に望む仕事があるのかどうか

都会からUターンする人が注意するのはUターン後の仕事探しです。
都会でITの仕事をして、その仕事を田舎でもやりたい!
と、考えている人には正直Uターンはオススメしません。

自分で新しくITの仕事を起すんだ!
って人にはUターンは良い物だと考えます。

田舎は都会の様な仕事はありません。
田舎に若者の数が減っているのは、求人の数に比例していると思っています。

事実、地域にもよりますが、デザイナーやプログラマー、コンサルタントなんて求人はほぼ出ません

仕事は何でもいい、Uターンしたいんだ!
上の様な人も間違いなくUターンに失敗します。

というのも、田舎は田舎の空気が流れており、都会の様にオープンではありません。
考え方も古く、都会に出たことがない。
そんな頭の固い大人が作り上げている職場も多くあります。
なんでもいいと考えている人は上のような職場で働いてしまうことだってあります。

まずは、Uターンする前に、その地域のハローワーク、マイナビ等を使い有効な求人があるか調べることが必要になります。

3.Uターンする時の年齢などに気を付ける

田舎の場合、基本的に求人数が都会に比べれば少ない場合が圧倒的に多いです。
求人票を見ても、未経験可!なんて求人も多くはありません。

そうなると、今やっている職種をUターン後に見つけるっといった形になると考えられます。

しかし、田舎の求人票は年齢制限を多く設けている
もしくは、経験年数を設けている

可能が多くあります。

自分の年齢を照らし合わせ、個人的には30手前でUターン就職することをオススメします。

Uターンには可能性もある

なにもUターンは悪い!とは言ってません。

特にどの会社に転職するか、職場の環境はどうか
それによってほぼ、Uターンが成功か失敗かの道は分かれていきます。

興味の持った仕事の情報はなるべく集め、地元の友人などに聞くようにすることをオススメします。

私がUターンした理由は「親の体調不良と畑をやりたかった」です。

Uターンした今、このブログの様に畑のブログまで作りました。
興味のあることは積極的にやる!

これがUターンを成功させる近道だと考えています。