BBQではアルミホイル必須。野外料理を衛生的、かつ美味しくする為の調理法

DSC_0359

キャンプ、アウトドアに出かけるとやりたくなるのが

そう、BBQ!

BBQをキャンプ、アウトドアの時にやる際、私がお勧めしていることがあります。。

それは、

「アルミホイルで野菜でも肉でも、魚でも全部包んで蒸しちゃおう」

という非常に簡単で、かつ美味しいBBQの楽しみかたなんですよね。

アルミホイルで包むことの良さ

DSC_0398

アルミホイルで包むことの良さは色々ありますが、

一番は衛生面です。

とくにお子さんがいる人は気になると思いますが、野外で野菜を切る、肉を切るということ。

黴菌、雑菌とかね…。

人の口に運ぶものだし、出来れば衛生面に気を付けたい。

そんな人は是非アルミホイルを一本持って行きましょう。

野外で調理するしなくても、そのまま野菜をアルミホイルに包んでしまえばいい。

包丁を持つことも、野菜の皮をむいたりすることもせず、それでいて美味しい料理が作れます。

スポンサーリンク

使い方は簡単で、ただ具材をアルミホイルに入れればいいだけ。それだけ!

アルミホイルに具材を切らないで包んで、あとは網の上に置いておけばOK。

これだけで簡単蒸し料理の完成です。

普段の料理でも蒸し野菜や蒸し料理にアルミホイルを使うことがあると思います。

鮭のホイル焼きとか…とか…。(思いつかなかった)

これだけで本当に美味しいのか?と思う人も多いと思いますが、今年のキャンプの時は是非やってみてください。

騙されたとおもって

私は仲間内でBBQをするときは、玉ねぎ1個、ピーマン1個そのままアルミホイルに包んで焼きますよ。

そして、これがまじうまっ。超うまいんだからね。

玉ねぎを実際にアルミホイルで丸焼きした記事はこちら

個人的には野菜は切るのが手間だから、アルミホイルで蒸したほくほくの状態に塩コショウ、醤油をかけてカブリつくのが好き。

チーズでも、魚でも肉でもなんでもござれ。

特にアウトドア用のアルミホイルを買わなくても市販ので全然いいんで。

スポンサーリンク

本当に手が汚れないし、それでいて美味しいので是非やってみて!

f5bed0ba957ca5d6b67bc807e6588346_s

野外料理だと手が汚れることが嫌なんですよね…。

特にキャンプ場でやらないBBQの時とか。

周りに炊事場がないところとか。

そうなればアルミホイルで包んで火の上にポーイでいけるので本当にアルミホイルが重宝されますよ。

おすすめなんで、一回でいいからやってみてください。