アウトドア用コンロ、バーナーは何がお勧め?一人でも使えるソロキャンプ用を調べてみた!

baner

アウトドアやキャンプをすると絶景の中でホットコーヒーやカップラーメンを食べたくなるものですよね。

しかし、まだ私は外でお湯を沸かせるアウトドア用のコンロやバーナーを持っていないんですよね。

アウトドアを始めたばかりの人だと同じような人が多いんじゃないかな?

しかし、今年こそは買るアウトドア用コンロを買うぞと意気込んでいる、きんた(@farmkinta)です。

今回は残り一か月でアウトドア用コンロ、バーナーを買うために色々調べたので、同じような思いの人は是非参考にしてみてほしい!

アウトドア用シングルコンロ・シングルバーナー 

今回は基本的にシングルコンロの紹介になります。シングルコンロ/バーナーはソロキャンプに向いている軽量モデルのコンロ、バーナーになります。

そこまで火力が強くない(調べると)ことが多いので、まぁ軽く調理したりお湯を沸かしたりする用途になるんじゃないかなと。

まぁ、基本ソロ登山、ソロキャンプなので私の用途には合っているな!

では、色々調べたので紹介していくぜよ。

スポンサーリンク

スノーピーク(snow peak) ギガパワーストーブ地オート GS100A GS100A

軽量・コンパクト・ソロキャンプには必須のアイテム。

スノーピーク(snow peak) ギガパワーストーブ地オート GS100A  GS100A
スノーピーク(snow peak) (2012-03-12)
売り上げランキング: 27,006

このギガパワーストーブ地の良い点は「ポケットにも入る小ささ」「軽量コンパクトの割にパワーがある」の2点。

ソロキャンプでお湯を沸かしたりする用途なら間違いなくこいつで決まりだろう。

また、イグナイターという点火装置も付いているのが魅力の一つだ!

この手のバーナーは火をつけたり消したりと忙しいので、イグナイターは大変役に立つはずだ。

スノーピークのギガパワーストーブ地のホームぺージには湯沸かしテストの時間なども載っている。一度見てみるといいだろう。

私の一番の購入最有力選手だ!

スノーピーク公式ページ

スノーピーク(snow peak) ギガパワーマイクロマックス GS110AR

スノーピーク(snow peak) バーナー ギガパワーマイクロマックスウルトラライト GST-120R

※添付の写真はGST-120R

GS110ARはGST-120Rよりも2倍の重さです。出力は共に同じ能力ですが、計量モデルがGST-120Rといった感じです。

同じくスノーピークから3枚ゴトクで安定性を重視したタイプ。

さっき紹介したギガパワーストーブ地は安定性はそこまで強くはないのが実情。しかし、こちらは安定性も火力もギガパワーストーブ地よりも優れています。

ギガパワーストーブ地の計量を取るか、ギガパワーマイクロマックスを選ぶか結構迷っている。

スノーピークギガマイクロマックスHP

プリムス(PRIMUS) ウルトラガスバーナー P-153

スウェーデンのアウトドアブランドのプリムス(PRIMUS)

屋外用の燃焼器具のブランドで製品に対してはかなり信頼できるブランド。

色々レビューを読むと高い火力、コンパクトと良い評価が多い。

気になる点は火が中心に集中しやすいため、焦げに注意が必要だとか・・・。また、ゴトクが折り曲げられる形状になっているが、その部分が折れ易いという意見が目立つ。

その部品は単品で購入できるとのことだ。

スポンサーリンク

まとめ

今回は私が実際に買うか迷っている3点を紹介しました。

ゴトクが3本よりも4本の方が安定性があるので、プリムスの方にしようかな。いやいや軽量で火力があるスノーピークも捨てがたい。

と色々迷っています。今年は年末年始の冬山登山があるのでそれまでに調達しないと。

あぁ、あと冬空の撮影もあるんだった。

その時の様子などはツイッター・Facebookで紹介します。是非フォロー、いいねお願いしますね!

では!

追記 2016年12月10日 ついに購入しました

dsc_0230

イワタニプリムスP-153 アウトドア用シングルバーナーを買いました!