登山、山めしにカレーが向かない理由は喉が渇いて仕方ないから?

山頂で食べる山飯は登山の中でも楽しみの1つですよね!

皆さんはいつもどんな山めしを楽しんでいますか?

カップラーメンが大多数だとは思いますが、パスタや缶詰やパンを楽しむ人だっていると思います。

ちなみに私は登山の時はカップヌードルのチリトマトをいつも持って行っています。

あれ、まじでうまいんだよね(笑

BIGはコンビニかセブンアンドアイホールディングスが運営しているスーパーでしか買えないのちょっと不便なんですよね。

ということでネットでサクッと買ってみてください。Bigだって売ってるから。

と、私がいつも食べる山めしのことは置いておいて、みなさんは山めしにカレーってありだと思います?

いや、タイトルで私はなしだと思っているんだよねorz

今回は私なりに考えた山めしでカレーがなしの理由を紹介していきます。

山飯でカレーがなしの理由

先日の登山(根子岳~四阿山)で私は山頂でカレーを食べたんですよ。

【根子岳~四阿山の記事】四阿山登山、菅平牧場から中四阿経由。駐車場・風景を写真を見ながら

カレーと言ってもカレーメシを食べたんですけどね。

正直後悔したんですよね。カレーを持って行って。

スポンサーリンク

カレーは辛いので水を飲みたくなる

カレーは辛い物。

甘いカレーもありますが、辛い食べ物を山頂で食べるとそれだけ水分を必要になると思うんですよね。

山頂でガブガブ水を飲むのもいいんですけど、帰りに何かあったらどうすんだろう?

って考えて、大好きなカレーも美味しくなくなりました。

もし仮に遭難した時は水分と少しの食料のことを考えて登山をするものだと思っているので、水を欲する辛い食べ物 ―― カレーに限らず ―― は登山では不向きだと思うんですよ。

良い匂いが山頂に充満する(お互い様)

カレーの臭いったら強烈です。

想像してみてください、電車の中でマクドナルドのハンバーガーとポテトをモグモグ食べている人の事を。

あの食べ物の臭いって強烈だし、狭い電車の中ではメシテロかって思っちゃうんですよね。

ハンバーガーもカレーも同じ分類で、臭いが強烈っていう仲間だと思うんですよ。

山頂でもこのマック理論と同じことが言えて、狭い山頂でカレーの臭いが充満しせっかく美味しい空気がカレーになっちゃいますよね?

そんな人が二人も三人もいたらこれって大変なことですよね?

スポンサーリンク

そんなの関係ないじゃん?

それを言われると、なんとも言えませんよね。

まぁでもそういう理由を考えていくと登山にカレー、山めしにカレーって向いていないと思うんですよ。

ちなみにカレーメシを山頂に持って行った記事

いじょう、カレー好きなきんたでした。